学ぶという事

最近人に自分の夢や仕事のゴール
仕事のスキル等を話す機会があります。

エステをほとんどご存じない方々に短い時間で
プレゼンテーションする事もあるので
どうしたら自分の思いを伝えられるだろうと
新聞など今まで以上に真剣に読んでヒントを模索中。

その中で先日心に響いた記事があったのでぜひ皆さんと共有したいと思い転記しました。

朝日新聞の「折々のことば」から
哲学者の戸田山和久さんエッセー「とびだせ教養 」4月号より。


「人は学ぶ前に、つい、こんなの勉強して何になるの、と問う。
が、学ぶことの意味は、じつは学んだ後でしかわからない。
世界には、自分が知らない領域が「 想像をはるかに超えて広がって 」いることを
これまで知らなかったと思い知ること、つまり「 無知の無知の知 」
こそ〈 教養 〉というものだ。」


知らないことは決して恥ずかしい事でも愚かな事でもなくって
知らないことがいっぱいあるから毎日ワクワクしながら過ごせるような気がします。

諸先輩方からも娘や息子のようなお若い方からも学ばせてもらう事が今もいっぱいあります。

教養は賢い事というより素直に学んでみようという気持ちから始まるのだと身近に感じました。

エステも20年以上やってるから、いっぱい勉強したからと慢心せず学び続けたいと思います。

?Gg[???ubN}[N??

2017年5月31日